2011年2月 記事一覧

芯子(篠原涼子)らは、内閣総理大臣の樫永(伊武雅刀)がタマリアへの海外援助の裏で不正な金を得ていたことを突き止める。しか

記事の続きを読む »

工藤(岡田将生)は、久留米(宇津井健)から内閣総理大臣・樫永(伊武雅刀)の秘書官として働かないかと誘われる。工藤はためら

記事の続きを読む »

芯子(篠原涼子)らは、前アブラビ大使の絵画横領疑惑に注目する。大使が現地大使館所蔵の絵画を退任の際に持ち出し、銀座のクラ

記事の続きを読む »

左遷された明珍(生瀬勝久)に代わり、角松(大泉洋)が課長補佐に昇進する。そんな矢先、国立大学教授の響(鈴木砂羽)に税金か

記事の続きを読む »

茶々(近藤芳正)から芯子(篠原涼子)の身元調査を命じられた明珍(生瀬勝久)は、その意図が分からず困惑する。そんな中、工藤

記事の続きを読む »

芯子(篠原涼子)らは、角松(大泉洋)の故郷の村に出張調査に向かう。地方交付金で行われた護岸工事の手抜きを疑う陳情書が届い

記事の続きを読む »

国立病院の実地調査に乗り込んだ芯子(篠原涼子)は、運営局長の国枝(神保悟志)が院長の桜井(品川徹)を差し置いて、病院を牛

記事の続きを読む »

芯子(篠原涼子)らは、東京警察署の機密費流用疑惑を実地調査する。素性がばれる前に調査を終えたい芯子だが、工藤(岡田将生)

記事の続きを読む »

仮出所中の元詐欺師・芯子(篠原涼子)は、ひょんなことから出会った久留米(宇津井健)にスカウトされ、特別調査官として会計検

記事の続きを読む »

1 2

ページ上部に