2011年12月 記事一覧

 2005年(平成17年)の『義経』以来となる平安時代を描いた作品であるとともに、1972年(昭和47年)の『新・平家物

記事の続きを読む »

那須では、土壌が悪く、なかなか野菜やいもが育たず、史郎たちは途方にくれた。ようやく牛が飼えるようになり、小さな規模だが、

記事の続きを読む »

ハツや史郎は長春への移動を命じられ、そこで千振のリーダーだった吉崎と再会する。ソ連軍倉庫から盗んだ大豆で納豆づくりをはじ

記事の続きを読む »

ハツたちは史郎をリーダーにして西へと逃げる。ほとんどが女子供と老人、ソ連軍や中国人の襲撃を避けながら、昼は林のなかで休み

記事の続きを読む »

宮城県の寒村に育ったハツは、口減らしとして大陸の花嫁になることを薦められ、昭和11年、同じ宮城出身の鶴子、梅子、チエらと

記事の続きを読む »

戦前、旧満州(中国東北地方) へわたり、過酷な逃避行と避難生活を体験した末に帰国、戦後の日本で、新たな農地の開拓にたくま

記事の続きを読む »

 実家の豚カツ屋「トントン亭」を継ぐと決めた信子(相武紗季)を追って、なんと研作(勝地涼)が会社を辞めて岐阜にやってきた

記事の続きを読む »

長閑な田舎町にある警察署の刑事課に入る事件の報せ。抜群の推理力を持つ優秀な刑事、黒川鈴木は部下の白石、赤木と共に事件現場

記事の続きを読む »

昭和7年、11歳の鈴子(美山加恋)は自らが座長を務める「日向鈴子一座」を率い、筑豊の炭坑町にいた。父・英次郎(片岡鶴太郎

記事の続きを読む »

1 2 3 4 15

ページ上部に