早海さんと呼ばれる人 第7話

早海さんと呼ばれる人 第7話
2012年2月26日放送
視聴率:11.9%


早海さんと呼ばれる人 第7話 あらすじ

「父親としての責任はどうするんですか?」
優梨子(松下奈緒)から、亜季(山口紗弥加)の息子・陽(須田琉雅)が自分との間の子どもだと聞いた研二(要潤)は、このことは誰にも言うな、と優梨子に釘を刺す。そこへ、恭一(井ノ原快彦)と恵太郎(船越英一郎)が来るが、優梨子は仕方なく話をそらす。  亜季と陽のことが頭から離れない研二は、仕事場で奇声を発したりミスを連発。いつもと違う様子に、周囲から不審がられる。そこへ、携帯に亜季からのメッセージが入った。亜季は、話がしたいから時間を取ってくれと言う。早海家では、馨(中丸雄一)からパソコンを教わった恵太郎がネット通販やオークションにハマり、買い物に夢中になっていた。  そんな日の夜、優梨子のところに研二が来て、他人のくせに人の人生を変えるようなことを言うな、と文句を付け始める。

出演者: 松下奈緒/井ノ原快彦/要潤/中丸雄一/森永悠希/ほか

ページ上部に