八重の桜 第20話

八重の桜 第20話
2013年5月19日放送
視聴率:13.7%


八重の桜 第20話 あらすじ

「開戦!鳥羽伏見」
都では王政復古が宣言され、逃げるように大坂へ下ろうとする慶喜を林(風間杜夫)や官兵衛らが必死に引き留めるが、修理(斎藤工)にいさめられ、追従することになる。覚馬(西島秀俊)は都に残り、千丁の銃が届くのを待つことにする。都落ちを知った会津の八重は、藩の女性たちと共に戦勝祈願ののぼり旗を縫い、神社に奉納する。そこへ照姫が現れ、自ら縫ったのぼり旗を奉納する。照姫は遅れてきた竹子に、自らの思いを歌に詠むよう命じ、八重らもそれぞれ思いを込めた歌を詠む。都に出兵したものの、慶喜討伐の口実を失った薩長は、西郷の発案で江戸に戦火を起こす。そして、ついに鳥羽伏見の戦いの火ぶたが切って落とされ…。

出演者: 綾瀬はるか/西島秀俊/長谷川博己/綾野剛/剛力彩芽/生瀬勝久/ほか

ページ上部に