八重の桜 第21話

八重の桜 第21話
2013年5月26日放送
視聴率:14.1%


八重の桜 第21話 あらすじ

「敗戦の責任」
鳥羽伏見の戦いで会津藩が苦戦を強いられる中、会津では八重が、修理(斎藤工)の無事を祈る雪を励ましていた。だが薩摩方は、みかどの旗印である錦の御旗を揚げる。錦旗の知らせは戦場を駆け巡り、旧幕府軍は撤退。慶喜は諸藩の将に最後の一騎となるまで戦い抜くと宣言するが、容保は危うい思いで見ていた。戦況は好転せず、初陣を飾ったばかりの三郎が敵弾に倒れてしまう。敗色を察した慶喜は、夜陰に乗じて容保を道連れにひそかに大坂を脱出。藩士らも後を追うように江戸へ敗走する。会津には徳川と共に朝敵の裁定が下され、敗戦の責任は、慶喜に江戸へいったん戻ることを進言した修理一人が負うことに…。

出演者: 綾瀬はるか/西島秀俊/長谷川博己/綾野剛/剛力彩芽/生瀬勝久/ほか

ページ上部に