八重の桜 第22話

八重の桜 第22話
2013年6月2日放送


八重の桜 第22話 あらすじ

「弟のかたき」
会津藩士たちが江戸から戻る中、八重は尚之助から、三郎(工藤阿須加)と覚馬(西島秀俊)が都で命を落としたと聞く。権八や佐久、うららは悲嘆に暮れるが、三郎の遺髪や形見の衣服があるのに覚馬のものがないことを不思議に思った八重は、覚馬は死んでいないと言い張る。一方、覚馬は都の薩摩藩邸の牢に捕らわれながらも、会津追討の流れを止めようと嘆願書を書き始める。会津では、謹慎していた容保が迫り来る戦雲を感じ取り、頼母(西田敏行)や内蔵助(津嘉山正種)ら重臣たちを前に、自らの存念を語る。八重は近所の少年たちに、以前にも増して厳しく鉄砲を教えるが、つい「三郎」と呼び掛けてしまう自分に気付き、敵を討つと叫んで鉄砲を持ったまま駆けだし…。

出演者: 綾瀬はるか/西島秀俊/長谷川博己/綾野剛/剛力彩芽/生瀬勝久/ほか

ページ上部に