八重の桜 第23話

八重の桜 第23話
2013年6月9日放送


八重の桜 第23話 あらすじ

「会津を救え」
1868(慶応4)年、新政府軍が仙台に到着。参謀の世良修蔵(小沢仁志)らは仙台藩に会津討伐の命を下す。一方、八重は、覚馬が死んだと思い詰め落ち込むうらを励まそうと、なぎなたの稽古に誘う。八重はうらに、覚馬は生きている、いつかまた会えると信じていると語り掛ける。そのころ、会津城下を仙台藩、米沢藩の重臣がひそかに訪れていた。新政府軍への理不尽さを感じずにはいられない仙台藩は、米沢など奥羽の他藩と結束し、会津救済の嘆願書を提出する。この知らせは会津へも届き、八重たちは安堵する。しかし、嘆願はあえなく世良によって破棄され、これに怒った仙台藩士らが世良を暗殺してしまう。これにより、新政府軍と会津・奥羽軍との間で戦いの火ぶたが切られる。

出演者: 綾瀬はるか/西島秀俊/長谷川博己/綾野剛/剛力彩芽/生瀬勝久/ほか

ページ上部に